水路トンネル補修・補強工法(パネルライニング工法)

レジンコンクリートパネルによる既設水路補修・補強工法

「パネルライニング工法」

■工法概要

パネルライニング工法は、既設構造物を取り壊すことなく、水路トンネルや暗渠内面に、レジンコンクリートパネルを特許製法により曲げ加工した曲面パネルを表面被覆材として用い、 補強材と組み合わせて補修・補強し既設施設を有効活用する画期的な工法です。

■工法の特徴

①パネルは軽量で人力施工が容易であるので施工スピードも速く、部分補修も可能、かつ耐用年数が長いためライフサイクルコスト面でも安価です。
②表面が平滑で耐摩耗性に優れた、パネルは任意曲率で製作可能のため補修後の断面欠損が小さく、通水断面を確保できます。
③水路トンネルの現地調査及び機能診断の結果に基づき、トンネルの構造の安定性が損なわれていると考えられる区間に対しての、補強対策ができます。

■パネルライニング工法の施工手順(例)

①施工前準備工

空洞注入工(空洞が確認された場合)剥離・クラック補修、湧水処理等後に施工面を高圧洗浄します。

②鋼製支保工運搬・設置工

鋼製支保工を継手鉄筋を用いて組立てます。

③パネル設置工及びパネル目地工

鋼製支保工表面にレジンコンクートパネルを、SUS皿ボルトを用いて固定します.パネル間に目地材を使用してコーキングを行います。

④パネル背面グラウト注入工

グラウトホールよりパネル背面の間隙をグラウトモルタルにて注入充填します。

⑤完成

製品分類 パネルライニング工法(内巻補強型)施工事例
納入先 静岡県富士宮市
形状寸法 工業用水道の導水トンネル高さ2650㎜(馬蹄形)
採用目的 老朽化の著しい導水トンネルの補強工事(例)です。
製品分類 パネルライニング工法(表面補修型)施工事例
納入先 神奈川県相模原市
形状寸法 導水路 高さ6.00m(馬蹄形)
採用目的 導水路の経年劣化箇所の補修(例)
製品分類 パネルライニング工法(構造補強型)施工事例
納入先 長野県白馬村
形状寸法 円形(φ2740)水路トンネル
採用目的 民間水力発電所水路トンネルの構造の安定性が損なわれていると考えられる区間に対しての補強対策(例1)
製品分類 パネルライニング工法(構造補強型)【レベルⅡ対応耐震補強】施工事例
納入先 横浜市
形状寸法 馬蹄形(高さ1900㎜)水路トンネル
採用目的 ずい道の構造の安定性が損なわれていると考えられる区間に対しての構造補強対策(例2)