電力・電設用マンホール・ハンドホール

電力用マンホール・ハンドホールは、送電や配電用の他、施設・工場等の電力ケーブル敷設用として使われています。
また、近年では再生可能エネルギー発電所の設備として、太陽光、風力、バイオマス発電所などで、電設マンホールとしての需要が増えております。

電力用(送電用・配電用)マンホール・ハンドホールの特徴

(1)軽量でコンパクトです
ガス管や下水管などの障害物を避けやすい

(2)工場組み立て後、納入により現場作業を省力化できます
掘削孔へ降ろすだけ。管路接続短管(ダクトスリーブ)付き
また、現場状況によりオーダーメイド設計も可能です。

(3)短納期対応に適します

鉄筋コンクリート(RC)製のブロックマンホール、プレハブマンホール、ボックスカルバート、地中箱などのプレキャスト(PCa)製品に比べ、軽量・コンパクトで施工性がよく、工期短縮に貢献可能です。また通常は現場打ちマンホールにて建設されるような、特殊形状・大型マンホールなどのプレキャスト化も対応可能です。

納入分野:
送電・配電用マンホール
再生可能エネルギー向け発電所構内の電設マンホール
系統連系用・自営線工事マンホール(※)

適用場所:
地中送配電網、太陽光発電所(メガソーラー)、風力発電所(ウインドファーム)、洋上風力発電所(一般海域・港湾)、バイオマス発電所、地熱発電所、水力発電所など再生可能エネルギー関係、その他火力発電所、変電所、開閉所等

※系統連携(系統接続)とは=固定価格買取制度(FIT)での売電において、発電事業者が発電した電気を電力会社の送電線、配電線に流すために、電力系統に接続すること。
※自営線とは=発電事業者が上記系統への電力供給のために自ら敷設する送電網・送電ルートのこと。地中線(地下管路・マンホール)、架空線(電柱・鉄塔)の形式がある。

海底ケーブル陸揚用 渚マンホール(ビーチマンホール) 施工事例〔1〕

工事概要:
風力発電所(島しょ部・離島)における地中送電ルート自営線構築工事(系統連系・系統接続工事)
島と本島を結ぶ送電用海底ケーブル陸揚工事の渚マンホールとして、レジンコンクリートが採用

ポイント:
現場打ちマンホールだと長い工期が掛かるが、プレキャスト・プレハブマンホール化で工期短縮に貢献
鉄筋コンクリート(RC)製より、軽量・コンパクトのため、島への海運も効率が良かった
また海辺・沿岸部ということで、普通コンクリートよりレジンコンクリートの方が塩害など耐久性に優れる

製品概要:
16分割のプレキャストマンホールを、現地にて組立・接着施工(本体設置 2日)
サイズ L9000×W1800×H2000
重量 約29t
66kV特別高圧 送電ケーブルを収容

推進立坑内へ電力マンホール施工事例〔2〕

現場打ちマンホールに比べ車道規制時間短縮、工期短縮でレジンマンホール採用。

トンネル内へ特殊ハンドホール施工事例〔3〕

現場打ちでの設置が不可能の為、高強度で薄肉設計ができ、短納期で、工期短縮に寄与するレジンコンクリート製ハンドホールが採用。

特殊大型マンホール(L型10分割)施工事例〔4〕

L型本体10分割、上部ブロック2分割で総重量:78.4tを本体据付は3日間工程作業にて完了しました。現場はとても狭い所で、軽量、多分割設計によりレジンブロックマンホールが採用