マンホール補強工法(W-RCS工法)

マンホール補強構造特許
特許第4171018号
特許第4264095号

近年の交通需要の増大により都市交通環境の変化や既設無筋マンホールの老齢化が進む中、マンホールの補強が必要になってきています。そこで、既設マンホール内部から圧縮の働く隅角部には”レジンコンクリート製補強ブロック”を引張りの働く壁面にはCFRP(炭素繊維強化プラスティック)を張付けることにより、剛性および耐力の向上をはかるマンホール補強工法(W-RCS工法)です。

特徴

収容空間はかわりません
狭隘な作業空間でも施工可能です
均一な品質に施工ができます
施工後もコンクリート表面を観察できます