社員からの一言

①現在の仕事内容についてお聞かせください。

主に製品の設計及び強度試験や関連する技術的な資料の作成を担当しています。 特に「サンパネル(水路補修等向け製品)」に関しては、個別オーダー製品の図面の作成や工法毎の施工手順書の作成等を任されており、必要な場合は現地調査に赴くこともあります。
最近では、新たな分野(用途)からの引き合いも結構頂き、それぞれの使用目的に最適な材料の配合検討、製品の試作、構造解析、強度試験などの業務も任されるようになりました。
今年で入社10年目となり、デスク上でのCADや有限要素法ソフト等の操作だけでなく、実験室での検証作業を含めて、技術者として自分が担当できる業務範囲とスキルは日々着実に広がり進歩していると思います。(自分で言うのも何ですが、、)

②入社の理由はなんですか?

自分が設計したものを形として残したいと思い、当初は建設コンサルタントを志望していました。しかし、企業研究を進めているうちに、設計だけでなく開発や製造にも携われるコンクリートメーカーに惹かれるようになり、レジンコンクリートという当時自分にとっては未知の材料を扱うサンレックという会社に興味を持ちました。
会社見学では社員の方々が活き活きと仕事をしていたことが印象的で、社風の良さと今後様々な用途に活用できそうなレジンコンクリートの将来性に魅力を感じたことが決め手となりました。

③仕事の魅力・やりがいについてお聞かせください。

主力製品であるマンホールは地中に埋設されるため、日常生活では目に留まることはほとんどありません。しかし、災害大国といわれる日本では電力・通信などのライフライン設備を地中化することが今後ますます必要になってくると思いますし、その一端を担う仕事に就かせて頂いていることに大きなやりがいを感じています。特に、自分の研究成果が製品に反映されたときの充実感はひとしおで、この仕事をしてきて良かったと感じる瞬間です。

④仕事をするうえで、特に心がけていることはありますか?

実験を伴う業務に際しては、計画段階から客観的な結論が効率的に得られるよう段取りすることを心がけています。
また、新製品の設計や構造解析に際しては、要求条件や施工性、コスト等を意識することは勿論ですが、常に安全側に立つことを念頭に置き、得られた結果に対しても過去の類似の複数の解析結果と比較するなど、より妥当性、安全性を追求するよう心がけています。今後50年、100年と長きにわたって活躍してもらう製品ですから、自信のないモノは世に送り出せません!

⑤オフはどのように過ごされていますか?

幸いなことに土日はほとんど休めているので、幼い娘と一緒に公園やショッピングモールに出かけて遊んでおり、平日も娘の就寝前に帰宅できるので毎日家族が笑顔で出迎えてくれることに幸せを感じています。また、野球観戦が趣味なので時々妻に娘を預けて球場で息抜きをさせて貰っています。もちろん、大のドラ党です!

⑥今後の目標はなんですか?(仕事/プライベート両面で)

レジンコンクリートはセメントコンクリートより優れた性能を有しているため、その特徴を活かした新製品の開発や用途拡大は十分可能であると思います。
そのためには、自分自身も常日頃から広い視野をもって研究開発業務に臨むことが大切であり、今後も関連する幅広い資格の勉強・取得などの機会を通じて知見を広めていきたいと考えています。
一方で、家庭生活も大切にしたいのでイクボスを目指しつつ、いつかは家族に誇れる新製品を開発したいと思っています。

他の社員からの一言